自作PCをする場合に、気になるCPUなどの冷却方法、空冷ファンが通常設置しておりますが、水冷方式もあると聞くとやはり効率が良いのか気になります。
今回は空冷と水冷のメリットとデメリットを書き出してみます。

空冷のメリット&デメリット

・安価で沢山の種類がある。
・交換が簡単。
・空気で冷やすので夏場の暑いところでは、空気も熱いので冷えが悪い
・夏場は空気を冷やすとなるとエアコン代がかかる。

水冷のメリット&デメリット

・空冷と比較するとやや高価
・交換するにもラジェーターの場所を確保しなければならない。
・夏場でも関係なく冷却可能
・ラジェーター液の交換などが必要
・経年劣化した場合ラジェーター液漏れなどが心配される。
どちらもやはりメリット&デメリットがあるので、自分のPC環境にあわせたものを取り付けたいです。
そして、騒音関係ですが、空冷も水冷もファンやラジェーター液をまわすので、音はやはり出てしまいます。
環境にあわせ、空冷が難しい場所では水冷をメインに、空気環境が良いところは、空冷が良いかと思います。
どうしてもグラフィックボードなどの熱が心配という方は、グラフィックボードをまず水冷に変えてみると良いかもしれません。
また、水冷の場合はラジェーターを入れるためどうしてもPCが大型化せざるをえません、また内部でラジェーター液漏れなどにもなると目があてられない場合もあります。そう考えると、おすすめのゲーミングPCとしてはやはり空冷のほうが良さそうです。実際、空冷のゲーミングPCのほうが人気があります。
水冷方式は外付けのものもありますので、そういった可能性が心配である方は外付けを選択してみても良いと思います。
やはり、できることならば、実際にその商品を見てみることをオススメします、動画サイトなどにも使用している動画をアップロードしている方もいらっしゃいますので、参考にしてみて見るのも良いと思います。

暑い夏がやってきた、USB扇風機などは使えるのか?

暑い暑い夏がやってきました、冷房のきいたオフィスなどはよいですが、自宅などでは、省エネのためあまり冷房などは使用いたしません。
とくに、自宅で一人でいる際にはあまり大きな扇風機などは付ける気がおきないというのも事実です。
PCなどをやっているときはPCの発熱などもあるので、温度が増すので、できれば身体を少々冷やしたいので、USB扇風機などが便利だと思えます。
USB扇風機くらいでしたら、一人で涼しさを味わうには十分だと思えます、そんなUSBで使える扇風機などを紹介いたします。
・FAN-U18NA
見た目で涼しい、扇風機です、なにかパワーがありそうで、それだけで涼しそうですね。
やはり涼を得るには視覚も大事だと思います。コンセント変換機もついておりますがUSBでも使えるので、ノートPCやデスクトップPCのかたわらにおきながら使用可能です。
・艦これ零戦型USB卓上扇風機
零戦がたの扇風機です、妖精を乗せなければ艦これアイテムだと気づかれません、勿論艦これファンの方には妖精をのせたままでも使用可能です。
ただのUSB扇風機だけでは満足できない方にオススメです。
USB冷風機
扇風機では満足できないかた、タンクに水をそそいで、冷風を出すことが可能です、冬は加湿器にもなります。
乾電池でも使用できるので、持ち歩きで使用したいかたに便利です。
・USB 時計機能つき扇風機
海外からの購入となるので自己責任の要素が強いですが、回転する扇風機の羽にLEDでアナログ時計が映し出されるアイテムのようです。
かなり欲しいのですが、日本でも正規ルートで販売して欲しいところです。
パワーのあるものから、簡易冷風機まで、暑い夏には重宝いたします。